GMEN PRESS

【最新情報:2021年7月末時点】グリーン住宅ポイント制度の現在を確認する

【最新情報:2021年7月末時点】グリーン住宅ポイント制度の現在を確認する

国の新たな補助金事業として『グリーン住宅ポイント制度』が3月29日から受付を開始しています。
7月末までの申込み状況等の最新情報をお伝えいたします。

グリーン住宅ポイント制度の概要

制度の概要についてはこちらをご確認ください。

グリーン住宅ポイント制度の申請状況

2021年7月末時点の申請状況

先ごろ国土交通省より、2021年7月末までのグリーン住宅ポイント制度申請状況が発表されました。
(以下は2021年8月13日 グリーン住宅ポイント制度事務局発表数値)

■ 7月までのポイント申請受付状況

■ ポイント発行状況(予算消化状況)

7月末時点ではポイント発行数は前月から3.5倍超と急増しています。予算の消化状況は9%を超えてきました。これまでなかった賃貸住宅でのポイント発行も行われています。またポイント発行のカテゴリ毎の戸あたりポイント平均値を申請受付数にあてはめると、申請受付としては約180億(16.5%)程度の状況となります。

カテゴリごとの状況

■ 住宅の性能ごとの発行状況(新築) ~7月末までの累計

新築住宅では、7月末時点では“一定の省エネ性能を有する住宅”に加え、“高い省エネ性能等を有する認定長期優良住宅”でのポイント発行が顕著な伸びを見せています。
特例の利用では、“多子世帯の取得する住宅”を中心に“三世帯同居仕様住宅”の利用も増えつつあります。

■ 追加工事への交換状況 ~7月末までの累計
続けてグリーンポイント住宅制度のもう一つの特徴である“ポイントを追加工事に充当できる”状況も見てみましょう。

7月末時点での追加工事交換は前月から約1.4倍の発行件数となりました。発行ポイント全体に対する比率は18~19%前後。利用ポイントは概ね23%前後で推移しています。

追加工事へのカテゴリごとの交換申請受付件数(2021/3/29~7/31までの累計)

*受付から追加工事の有無について件数の反映まで一定期間を要し、事務局が把握していない件数は含まれていない

ポイント交換に追加工事で申請している状況をカテゴリ別で見てみると、賃貸住宅での利用も始まっています。前回の次世代住宅ポイント制度に比べて、本制度が利用しやすいことはこちらを見ても明らかです。

追加工事への交換状況(2021/3/29~7/31までの累計 複数選択)

■ 新築

■ リフォーム

新築・リフォームとも傾向的に大きな変動はなく、新築工事においては、“家事負担軽減に資する工事”と“停電・断水対策の防災に資する工事”、リフォーム工事では“家事負担軽減に資する工事”が交換の中心です。

こちらは防災に資する追加工事の“停電・断水対策”の内訳です。先月から変わらず太陽光発電の設置が8割超と圧倒的な利用数となっており、省エネ対策への強いニーズがうかがえます。

■ グリーン住宅ポイントの商品への交換状況 ~7月末までの累計
6月から商品交換の受付も開始しているグリーン住宅ポイント制度、7月末の時点では交換件数39,708件、発行ポイント数は1,726,078,800ポイントとなり、前月から5倍前後の伸びを見せています。
政策テーマ別、カテゴリ別には以下のとおりで、変わらず家事負担軽減に資する商品が中心。
詳細商品別にはキッチン家電、掃除・洗濯家電、キッチン・バス・トイレ等の日用品の順に交換がされています。

まとめ:まだまだ活用可能なグリーン住宅ポイント制度

グリーン住宅ポイント制度、7月末の予算消化状況は前月よりも若干動きが見られるようになりました。しかし本事業の申込みは短く2021年10月31日まで。この夏の終わりから9月上旬ぐらいまでに取込をしていかないと手続き的には間に合わない状況となります。
コロナ禍での度重なる緊急事態宣言発令や木材の調達難など、事業者の皆様も頭を抱える状況はいまだ継続中ですが、
キャンペーンやウェビナー等、お客様へのアプローチの機会をなんとか作り、
初秋商戦の仕掛けとして本事業を有効活用していただければと思います。

今後の予算消化状況は新しい情報が入り次第こちらでご案内をしていきます。
どうぞお楽しみに!

国土交通省ではグリーン住宅ポイント制度について、一般ユーザー対象にWEBからダウンロードできるリーフレットを作成しています。リーフレット自体も希望すれば送ってもらえるようですので、お客様への制度認知に積極的に利用してみてはいかがでしょうか。

さらに対象製品やポイント対象となる住宅設備機器等はこちらから確認できます。カタログもダウンロードできますのでご利用ください。

ハウスジーメンではこの2月からグリーン住宅ポイント制度について、概要説明や省エネ計算実演などのお役立ちウェビナーを実施しました。何度も繰り返し確認できるアーカイブ動画をご用意しております。無料でご視聴いただけますので、まだご覧になっていない方はぜひこちらからご確認ください。

新築住宅で“設計住宅性能評価や☆☆以上のBELS評価、フラット35S適合証明などの利用がなくても、『一定の省エネ性能を有する住宅』の4つの項目のうち1つの基準を満たせば申請できる証明書として「グリーン住宅ポイント対象住宅証明書」の発行業務を行っております。
なお、本証明書の発行につきまして、審査・発行に掛かる日数等によりポイント発行申請期限に間に合わない事態を避けるため、
誠に遺憾ではございますが、新規受付停止日を設けさせていただきました
「グリーン住宅ポイント対象証明書」利用をご検討の方はどうぞお早めにお申込みください。
詳しくはこちらをご確認ください。


瑕疵保険や性能評価、住宅業界の最新情報、ハウスジーメンへの手続き情報など・・・いち早くキャッチしたい方は、メールマガジンの登録をお勧めします!  

Return Top