GMEN PRESS

ニュース・法改正 GMEN PRESS

Category
10分でわかる!こどもみらい住宅支援事業【手続編】

10分でわかる!こどもみらい住宅支援事業【手続編】

2022年3月28日より、こどもみらい住宅支援事業の交付申請(予約含む)が開始されました。申請するには統括アカウントの登録という事業者登録が必要です。当社でも以前からお伝えしているように事業の概要や対象となる住宅は分かったが、いざ申請となるとどうして良いか分からない!というヘルプの声も聞こえてきますので今回は手続編とし...
【フラット35】4月からのお得な情報”維持保全型がはじまります”

【フラット35】4月からのお得な情報”維持保全型がはじまります”

今年の4月から大幅に内容が変わる【フラット35】について詳しく解説します。 これからの皆様のビジネスにお役立ていただければ幸いです。 セミナー関係の質問はmginfo@house-gmen.comまでお問合わせ下さい。 WEBセミナー動画 インターネット環境によっては、こちらで再生できない場合があります。(推奨ブラウザ...
全国地盤研修会に潜入!

全国地盤研修会に潜入!

こんにちは。ハウスジーメン企画推進室です。今回は2022年3月25日、TKP新橋カンファレンスセンターで行われた2022年度 一般社団法人住宅技術協議会 全国研修会へ潜入してきました! MSJグループである一般社団法人 住宅技術協議会では、年に1度、全国の登録地盤会社様と地盤事業に関する情報交換、住宅技術に関する情報共...
省エネ性能に関わる上位等級が施行されます! ー住宅性能表示制度ー

省エネ性能に関わる上位等級が施行されます! ー住宅性能表示制度ー

住宅性能表示:断熱性能等級5/一次エネルギー消費量等級6が施行 2050年カーボンニュートラル・脱炭素社会の実現に向けて、令和3年12月1日に公布された「住宅性能表示における省エネ性能の上位等級」が、令和4年4月1日より施行されます。 現行の住宅性能表示制度では、「断熱性能等級4・一次エネルギー消費量等級5」が最高等級...
品質検査員募集の説明会開催!

品質検査員募集の説明会開催!

ハウスジーメンでは、事業者さまからのご要望により品質の維持を目的とした第三者検査に対応しています。 今回、品質検査導入事業者さまの事業エリア拡大に伴い、対応いただける現場検査員を募集すべく、説明会を開催します!すでに検査員登録されている方も、新規で検査員業務をご検討の方も是非ご参加ください。 説明会について 下記の日程...
建築士資格を活かそう!現場検査員 募集

建築士資格を活かそう!現場検査員 募集

ハウスジーメンでは建築士資格を保有する、住宅瑕疵保険の現場検査員を現在募集しています。当社で活躍する現場検査員は、全国に約2,750名!全国各地の住宅を検査するため、事務所・ご自宅等のお近くの地域で活躍できます。 建築設計事務所のお仕事との兼業や、これまでの業務経験を活かした定年後のベテラン層など、年代、性別問わず多く...
【最新情報更新】<br>10分でわかる!こどもみらい住宅支援事業(2022年2月18日現在 )

【最新情報更新】
10分でわかる!こどもみらい住宅支援事業(2022年2月18日現在 )

こどもみらい住宅支援事業のHPが開設され、事業者登録が開始されております。交付申請の開始時期につきましては、3月頃と今のところ変更はないようですが、随時更新されておりますので最新情報をご確認ください。 以下、2021年12月以降に更新されている情報です。 更新日 内容 資料 2022年02月01日 リフォーム対象製品の...
長期優良住宅法改正のポイント解説

長期優良住宅法改正のポイント解説

2022年1月27日(木)に実施しました、WEBセミナー「長期優良住宅法改正のポイント解説」の動画アーカイブと、WEBセミナー資料を掲載しております。 今後の皆様のビジネスにお役立ていただければ幸いです。 セミナー関係の質問はmginfo@house-gmen.comまでお問合わせ下さい。 WEBセミナー動画 インター...
年末恒例!GMEN PRESSコンテンツ人気ランキング

年末恒例!GMEN PRESSコンテンツ人気ランキング

いつもGMEN PRESSをご高覧いただきありがとうございます。2021年7月15日のサイトリニューアルを経て、『教えて!ハウスジーメン』が『GMEN PRESS』として再出発してから約半年を迎えます。今年もコロナ禍が続き、資材の高騰や納品遅れなど、住宅業界も厳しい1年となりました。ただ、大きな壁に当たろうとも皆様苦慮...
土砂災害特別警戒区域(レッドゾーン)の基礎知識

土砂災害特別警戒区域(レッドゾーン)の基礎知識

既に当社ホームページにてお知らせしておりますが、2021年10月以後のフラット35適合証明の設計検査申請分より、土砂災害特別警戒区域(通称:レッドゾーン)内で新築住宅を建設または購入する場合、【フラット35】Sがご利用いただけなくなります。なお来年2月には長期優良住宅の認定も受けられなくなります。 住宅金融支援機構の案...
Return Top