GMEN PRESS

地盤 GMEN PRESS

Category
Lesson10:基礎選定Ⅱ ~不撓不屈~

Lesson10:基礎選定Ⅱ ~不撓不屈~

不撓不屈(ふとうふくつ)志が堅くどんな困難にあってもくじけないこと とある銀河系のある小さな街で・・ 地盤のカリスマ ピエール・ジバンシー先生のもと地盤判定のイロハを学んできたJ1号とJ2号。いよいよ今回は仕上げのケーススタディ。これまでの学びをふまえた成果は発揮できるでしょうか? 具体的な選定方法(再掲) 基礎の選定...
Lesson9:基礎選定Ⅰ ~臨機応変~

Lesson9:基礎選定Ⅰ ~臨機応変~

臨機応変(りんきおうへん)時と場合により柔軟にうまく適切な判断をすること とある銀河系のある小さな街で・・ 地盤のカリスマ ピエール・ジバンシー先生のもと地盤について学ぶ J1 号と J2 号。今回は基礎について確認し、最終的な判定の事例を学んでいきます。 基礎の考え方を確認する 基礎の役割 基礎とは建物を支える部材の...
Lesson8:地盤判定 ~日進月歩~

Lesson8:地盤判定 ~日進月歩~

日清月歩(にっしんげっぽ)日に日に絶えず進歩すること。進歩の度合いが急速であること とある銀河系のある小さな街で・・ 地盤のカリスマ ピエール・ジバンシー先生のもと地盤について学ぶ J1 号と J2 号。今回は地盤判定について確認していきます。
Lesson7:地盤解析から判定へ ~先見の明~

Lesson7:地盤解析から判定へ ~先見の明~

先見の明(せんけんのめい)事が起こる前にそれを見抜く判断力 とある銀河系のある小さな街で・・ 地盤のカリスマ ピエール・ジバンシー先生のもと地盤解析について学ぶ J1 号と J2 号。今回は解析から最終的な判定方法について確認していきます。 事例検証1 測定点位置確認 ○ 地盤の傾斜状況調査地は盛土により前面道路より中...
Lesson6:地盤解析Ⅱ ~着眼大局・着手小局~

Lesson6:地盤解析Ⅱ ~着眼大局・着手小局~

着眼大局・着手小局(ちゃくがんたいきょく・ちゃくしゅしょうきょく):全体の状況を俯瞰的に見ながら、細かなところに目を配って、具体的な作業を行うこと とある銀河系のある小さな街で・・ 地盤のカリスマ ピエール・ジバンシー先生のもと日々新たな課題に挑むJ1号とJ2号。スウェーデンサウンディング試験データの見方を学びさらに地...
Lesson5:地盤解析Ⅰ ~深謀遠慮~

Lesson5:地盤解析Ⅰ ~深謀遠慮~

深謀遠慮(しんぼうえんりょ): 遠い将来のことをよく考えて、周到に計画を立てること とある銀河系のある小さな街で・・ 地盤のプロフェッショナルになりたい!地盤のカリスマ ピエール・ジバンシー先生にあこがれて切磋琢磨するJ1号とJ2号。初めてのスクリューウエイト貫入試験(SWS試験)を体験しいよいよこれから試験データ確認...
Lesson4:現地調査Ⅰ ~百聞一見~

Lesson4:現地調査Ⅰ ~百聞一見~

とある銀河系のある小さな街で・・ 地盤のプロフェッショナルになりたい!地盤のカリスマ ピエール・ジバンシー先生にあこがれてひたすら努力するJ1号とJ2号。今日も朝から猛勉強中です。 さて翌日。何とか集合時刻に間に合ったJ1号とJ2号。初めての現地調査にドキドキしています。
地籍調査とは  日本の地籍調査が実は3割程度しか進んでいない件

地籍調査とは  日本の地籍調査が実は3割程度しか進んでいない件

地籍とは 「地籍」というのは、いわば「土地の戸籍」のことです。地籍というと、土地の登記情報とイコールかな?と考える方が多いと思いますが、必ずしもそうではありません。なぜなら登記情報とは、「不動産の表示」に関する制度として、国民の権利を守るために土地取引情報の履歴を残すものですが、土地そのものの座標や沿革などの情報を示し...
Lesson3:事前調査 ~試行錯誤~

Lesson3:事前調査 ~試行錯誤~

とある銀河系のある小さな街で・・ 地盤のカリスマ ピエール・ジバンシー先生に地盤のプロへの決意を問われたJ1号とJ2号。どうにも困りはててしまい、結論が出せずに時が過ぎていきました。 さて季節が夏から秋に変わったある日のこと。J1号とJ2号がそろってジバンシー先生の元にやってきました。
Lesson2:不動沈下と地盤 ~長目飛時~

Lesson2:不動沈下と地盤 ~長目飛時~

長目飛時(ちょうもくひじ):遠くの事をよく見る目と、よく聞くことのできる耳の意で、情報を収集し、物事を深く鋭く判断すること。 とある銀河系のある小さな街で・・ セミナー会場で地盤のカリスマ、ピエール・ジバンシー先生のお話に感激し思わず弟子入りを申し出たJ1号とJ2号。しかし、ジバンシー先生は諾とも否とも言わず、また連絡...
Return Top