GMEN PRESS

2021年ver. ZEH(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)などの省エネ住宅について
~いろいろありすぎてわけがわからない省エネ住宅を整理する~

2021年ver. ZEH(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)などの省エネ住宅について~いろいろありすぎてわけがわからない省エネ住宅を整理する~

住宅は人が生活し長期にわたり使い続けるもの。
数十年先でも快適に暮らせることが必須条件です。
そのために求められる機能としては「耐久性」「耐震性」「バリアフリー性」「省エネ性」。
なかでも「省エネ性」にフォーカスし、快適に暮らし続けられる住宅を目指したのがZEH(ゼッチ):ネット・ゼロ・エネルギーハウスです。

国は2020年までに、ハウスメーカー等が新築する注文住宅の半数以上を、30年までに新築住宅の平均半数以上のZEH化を目標とし、
環境省・経済産業省・国土交通省の3省でそれぞれに補助金制度等を設け推進していましたが、
新たに2030年目標として「建売戸建・集合住宅を含む新築住宅の平均でZEH実現」が掲げられました。
さらに現行基準の省エネ性能は2025年の省エネ基準適合義務化となり、
2050年までに温室効果ガスの排出を全体としてゼロとする2050年カーボンニュートラル、脱炭素社会の実現を目指す宣言も出されています。
最近ではこちらでもご案内の通り住宅・建築物の省エネ対策が加速していく動きが見られ、
もはや「省エネルギー施策」は住宅の基本条件になりつつあります。

昨年に引き続き、対象3省の2021年の要綱がそれぞれ出ています。それぞれの改正・変更点について詳しく整理していきましょう。

そもそもZEH(ゼッチ)とは何だろう

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは?

外皮の断熱性能の大幅な向上と、高効率な設備・システムの導入により
室内環境の質を維持しつつ大幅な省エネを実現(省エネ基準比20%以上)。
その上で、再エネを導入して、年間の一次エネルギーの収支をゼロとすることを目指した住宅

ざっくりというと一般的な住宅で使うエネルギーを20%省エネし、
さらに太陽光発電などの再生可能エネルギーの創エネで±0の住宅を目指す考え方のことです。

省エネ+創エネ≒0
いわばエネルギーの自給自足の家がZEH(ゼッチ)

■ 一般住宅とZEH住宅の考え方

2021年度の改正点

新たに追加・変更となったZEH事業

今年は事業編成と担当省庁に大きな変化があります。

《戸建住宅補助事業:環境省》
 ◎ZEH+とZEH+Rは一本化しZEH+として環境省管轄に
《戸建住宅補助事業:経済産業省》
 ◎次世代ZEH+は継続。昨年追加された『コミュニティZEH』は終了

* 集合住宅補助事業には大きな変更はありません。

ZEHの種類と考え方(戸建て住宅の場合)2021年ver.

■ ZEH+の一本化
ZEH+ゼッチプラス:ZEHの省エネの部分を25%まで拡大し、電気自動車充電設備など自家消費拡大につながる設備を導入したZEH)とZEH+R(ゼッチプラスアール:ZEH+に防災力を強化したもの)が1本化されています。

*これまでのZEH事業についてはこちらを再確認してください。

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)などの省エネ住宅について ~いろいろありすぎてわけがわからない省エネ住宅を整理する~

■ 次世代ZEH+の継続
昨年導入された次世代ZEH+(ジセダイゼッチプラス:より高度なZEH+として、従来のZEH+にかかる要件を満たした上でさらに、蓄電システム等のいずれか一つ以上を導入し創エネ)は継続となります。

これらをまとめると今年の戸建住宅でのZEHは以下の図のようになります。

■ 2021年版ZEHの種類(戸建住宅の場合)

■ 2021年版ZEHの考え方まとめ

Return Top