GMEN PRESS

管理者GMNの記事一覧
確定申告時に必要!住宅ローン減税の提出書類

確定申告時に必要!住宅ローン減税の提出書類

令和4年度の住宅ローン減税に関しては本年1月にお伝えしておりますが、そろそろ次の確定申告時期に向けて年内引渡しのお客様からの問い合わせも増えているのではないでしょうか。住宅の環境性能に応じて借入限度額の上乗せをした住宅ローン控除を受けるために必要な性能別の提出書類についてご案内したいと思います。 それでは先ず住宅ローン...
予算終了まであとわずか!<br>こどもみらい住宅支援事業の実施状況<br>【2022年11月16日時点】

予算終了まであとわずか!
こどもみらい住宅支援事業の実施状況
【2022年11月16日時点】

GMEN PRESSでも、大変注目いただいております『こどもみらい住宅支援事業』の予算消化率がついに70%を超えました。前回報告時(9月末時点)には約半分の消化率だったことを考えますと、この一ヶ月程、非常に速いペースで消化しており、予算終了までもうあまり時間が無いように感じられます。そこで今回は、通常月末にお知らせして...
脱炭素社会への第一歩!<br>低炭素建築物の認定基準の改正内容とは

脱炭素社会への第一歩!
低炭素建築物の認定基準の改正内容とは

2050年のカーボンニュートラル、脱炭素社会の実現に向けて、2022年10月に長期優良住宅の改正法が施行されました。9月に配信したWEBセミナー「長期優良住宅の10月改正内容説明+2025年に向けて」でも少し触れましたが、この法改正に伴い、省エネ対策強化のため、低炭素建築物の認定基準が見直されました。今回は、認定基準の...
【最新情報:2022年9月末時点】<br>こどもみらい住宅支援事業の実施状況

【最新情報:2022年9月末時点】
こどもみらい住宅支援事業の実施状況

本サイトにて、過去3回掲載をいたしました『こどもみらい住宅支援事業』。どの記事も大変多くの方にご覧いただいておりますので、今回は9月末までの実施状況をまとめました。ぜひご覧いただき、申請を検討されている事業者様は今後の手続きにお役立てください。 こどもみらい住宅支援事業の概要 「こどもみらい住宅支援事業」とは、子育て世...
全期間固定・低金利で安心!<br>「グリーンリフォームローン」とは

全期間固定・低金利で安心!
「グリーンリフォームローン」とは

2022年10月に、省エネリフォームに利用できる融資「グリーンリフォームローン」の取扱いを、住宅金融支援機構が開始しました。 昨年よりさまざまな原因によって電気代の値上げが続いており、現在も落ち着く見通しは立っていません。そのような状況の中で、毎月の消費電力の節約は各家庭の重要課題になっているのではないでしょうか。 2...
【住宅エコリフォーム推進事業】<br>募集が開始されました!

【住宅エコリフォーム推進事業】
募集が開始されました!

※本記事は2022年9月末時点の情報です。9月14日より、「住宅エコリフォーム推進事業」の事業者登録・交付申請の受付が開始されました。この制度は、住宅をZEHレベルの高い省エネ性能へリフォームする取組に対して、補助金が支払われる制度です。 皆様もご存知の通り、昨年よりさまざまな原因によって電気代の値上げが続いており、現...
【活用の幅が広がりました】<br>延長保証保険の商品改定と活用事例のご案内

【活用の幅が広がりました】
延長保証保険の商品改定と活用事例のご案内

ハウスジーメンでは、延長保証保険の商品改定を10月1日(土)に行いました。今回の改定により、分譲マンション・賃貸マンションでの延長保証保険の利用や、早期にメンテナンス工事を実施する場合にも保険利用が可能となる取扱いが追加され、保険金額の選択もできるようになるなど、より多様な生涯顧客化ビジネスのビジネスモデルに対応できる...
新築、建てっぱなしになっていませんか?<br>~OB顧客を“生涯顧客化”して安定的にアフターで受注を~

新築、建てっぱなしになっていませんか?
~OB顧客を“生涯顧客化”して安定的にアフターで受注を~

既に感じていらっしゃる方も多いと思いますが、住宅原価高騰や人口減少・少子高齢化が進み、新築の受注は今後ますます厳しくなることが予想されます。そのような中で住宅事業者の皆様が安定的に受注を獲得していくには、どうしたら良いでしょうか?それはOB顧客の“生涯顧客化”です。新築時のお客様と継続的なお付き合いができる仕組みを作る...
【こどもみらい住宅支援事業】<br>取り扱いの変更について

【こどもみらい住宅支援事業】
取り扱いの変更について

2022年10月1日に施行される法改正により、認定長期優良住宅・認定低炭素住宅・性能向上計画認定住宅の認定基準が変更されます。この変更に伴う、こどもみらい住宅支援事業の取扱いについて発表がございましたのでご案内します。 新基準での認定と補助額について 2022年10月1日以降に新基準(変更認定は除く)で認定を受けた「認...
四号特例見直しって何?

四号特例見直しって何?

建築物省エネ法や建築基準法などを改正する脱炭素関連の法律が2022年6月17日に公布されました。その中で2025年度中の施行を予定しているものに、全ての建築物の省エネ基準適合義務化と四号特例の範囲縮小があります。現在、四号特例として建築確認申請時に審査が省略されている木造2階建て以下、延べ面積500㎡以下などの条件を満...
Return Top